昭和生まれ。小学生のころ学校で全力で遊んだ懐かしい日々。
ふと思う、”一体今は全力で何かしているのか?”
少年時代の真っすぐな心を思い出し、チャレンジ精神を胸に進んでいく、そんな気持ちを大切にしたい。

源泉徴収票は必要なの?中は何が書いている?いつころもらえるもの?

毎年年末調整が終わると、会社からもらえる源泉徴収票ですが、あなたは一体どのあたりを見ていますか?

色々な欄に金額が記載されていますが、一体これは何を示しているのかよく理解していない人も多いと思います。

また、会社によっては小さなサイズで源泉徴収票が作られていることもあるため、若いころは、

「この紙切れ何に必要なのだろう?いらないんじゃない?」

と思う人もたくさんいると思います。

源泉徴収票は、

  • 住宅ローン控除申請1年目の時
  • 医療費控除をするとき
  • その他、会社員でも確定申告をする必要がある時

などに必要となってきます。

スポンサーリンク

源泉徴収票の様式

この様式が会社からあなたに配られていると思いますが、この源泉徴収票に記載されている意味としては、

支払金額(上から2段目、左から2番目)
~給与等の支給総額が記載されている=いわゆる年収
給与所得控除後の金額(支払金額欄の隣)
~支払金額から給与所得控除額を控除した金額=いわゆる年間所得額
所得控除の額の金額
~各所得控除の合計額
源泉徴収税額
~源泉徴収された金額=つまり、支払った税金の金額

となります。

スポンサーリンク

確定申告をしなければならない会社員とは?

企業等に勤める会社員の人は、源泉徴収票をもらって、会社の年末調整で終わる人が多いですが、中には年末調整ができない人もいます。

・年中に支払いを受ける給与等の額が2000万円を超える
・給与所得および退職所得以外の所得金額の合計が20万円を超える

などは、自分で確定申告をしなければなりません。

また、

・医療費控除を受ける人
・雑損控除を受ける人
・寄付金控除を受ける人
・住宅ローン控除を受ける1年目の人

なども年末調整では控除することが出来ないので注意が必要です。

医療費控除については、

【要確認】医療費控除・セルフメディケーション税制の違いと確定申告時の注意点
年間で10万円以上医療費がかかれば、確定申告でお金が戻ってくるということを聞いたことがあると思います。ただ単に医療費が10万円を超えたから、確定申告をすればよいというわけではありません。医療費控除と確定申告について書いています。

雑損控除については、

◇紹介◇災害や盗難などで損害や被害が出たときは確定申告をして雑損控除を!
災害や盗難被害にあったときには、思いがけない出費が伴います。本来なら払う予定のないものばかりですが、災害や盗難被害にあった時には、確定申告をすることで、所得金額から雑損控除をひくことができます。知らない人も多いでしょうから、今日は雑損控除について記載して、少しでも多くの人に知ってもらいたいです。

住宅ローン控除については、

昨年念願のマイホームを手に入れた会社員 確定申告による住宅ローン控除をお忘れなく
ここ最近の住宅ローンの金利低下に伴い、住宅を購入する人が増えてきています。 「ついに住宅を手にした!けど、あとは35年の住宅ローンをはらっていかなければ」 と思っているあなた!最近、会社から源泉徴収票が届けられたと思いますが、今年は忘れてはいけ ない作業があります!

ふるさと納税をした際の控除については、

ふるさと納税で神戸マラソンの出走権?!確定申告の計算方法は?
神戸マラソンでは、ふるさと納税により出走権を先着順で手に入れることができると知人が話していました。よく聞くふるさと納税ですが、どのような制度なのか、どのようにすれば所得税等の控除を受けることができるのかを調べると意外と奥の深い制度だと分かりました。

それぞれ説明をしているので、是非ともそれぞれの記事を確認してもらい、各控除の特徴を比べてください。

スポンサーリンク

確定申告の方法

確定申告は、

確定申告書を作成し、住居地を管轄する税務署へ持参もしくは郵送
電子申告(e-Tax)を使う

方法などがあります。

私も、確定申告をしたことがありますが、国税庁のホームページにある確定申告書等作成コーナーを利用すれば、とても簡単に確定申告書が作成できます。確定申告書等作成コーナーを一度覗いてみてください。

マイナンバーも入力する必要があるので、マイナンバーカードなどの準備を忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

源泉徴収票をもらって一安心していては、損をすることがありますよ。もう一度、自分は年末調整で控除ができないものはなかったか確認して、もし確定申告で控除することができるものがあれば、ぜひとも申告をして払いすぎている税金を適正な金額にしましょう。