昭和生まれ。小学生のころ学校で全力で遊んだ懐かしい日々。
ふと思う、”一体今は全力で何かしているのか?”
少年時代の真っすぐな心を思い出し、チャレンジ精神を胸に進んでいく、そんな気持ちを大切にしたい。

【知っトク】収入と所得の違いは説明できる?確定申告でも知った方がいい言葉

年が明けると、近づいてくるのが確定申告の時期。

前年の領収書やレシートをまとめたり、関連書類を準備したりする気合が必要となってきます。

毎年、確定申告書に必要事項を記入していますが、次のことをあなたは考えたことがありますか?

最初に収入を記載 → 次には所得を記載

ここにある”収入”と”所得”って一体何が違うの?

と、子どもに聞かれたときに、あなたは正確に説明することができるでしょうか?

今回は、「収入と所得の違い」について書いていきます。

スポンサーリンク

説明の前に、知っておいてもらいたい「世の中で知らないことがあると…」

世の中で、税金やお金の仕組みに興味がない人は、

・収入と所得って何が違うの?
・一緒じゃないの?
・そんなこと知らなくても生きていける

という思いの人が大半だと思います。

私も、FPの資格をとるまで全く気にしたことがなかったし、知っていなくてもなんとか生活できるような単語でした。

しかし、FPの資格をとったことで、このような単語を知らなくては

自分の人生で資産を得る機会を逃している

ことが分かったのです。

と分かってもらった上で、説明を続けていきます。

スポンサーリンク

収入、所得って一体どういうこと?

今からお話しする内容は、現役の会社員と仮定します。

今から収入と所得の違いについて書いていきますが、ざっくり言うと、

収入-給与所得控除額 = 所得

です。

ざっくり言いすぎだし、収入と所得の違いが分からないんだから、この式で理解できるわけないだろ!

すみません。引き続き説明をしていきます。

収入

収入とは、皆さんがよく周りの人に聞く(笑)

「年収いくら?」

年収が収入にあたります。

この収入ですが、源泉徴収される前の金額となるので、

あなたが1年間で稼いだ総額が収入

となります。

給与所得控除額

会社員は、個人事業主のように必要経費を差し引くことができません。

その代わり、所得税法で定めた給与所得控除額を給与等の収入金額から差し引くようになっています。

給与等の収入金額給与所得控除額
180万円以下収入金額×40%(最低65万円)
180万円超~360万円以下収入金額×30%+18万円
360万円超~660万円以下収入金額×20%+54万円
660万円超~1000万円以下収入金額×10%+120万円
1000万円超220万円(上限)
例えば、年収500万円の会社員であれば、給与所得控除額は、

500万円×20%+54万円=154万円
 

が給与所得控除額となります。

※ 特定支出(法などで定められたいくつかの支出のこと)については、説明を省いています。

所得

今まで説明した収入から給与所得控除額を差し引いたのが所得となるわけです。

ですから、年収500万円の会社員の所得は、

年収-給与所得控除額=所得 つまり、

500万円-154万円=346万円が年間所得

となるのです。

スポンサーリンク

収入、所得の一覧表

まとめるとこのような感じです。

収入源泉徴収される前の金額であり、給与や賞与を合計した金額
所得収入から給与所得控除額を差し引いたもの
スポンサーリンク

まとめ

日頃何気ない用語にも意味があるんですね。

このような言葉を知らなければ、医療費控除や住宅ローン控除をするときに、話しをきいても理解が浅いでしょうし、税金を還付できるような場面を見逃すこともあり得ます。

このようなことから、

自分の人生で資産を得る機会を逃している

ということを言ったのです。

私もFPの資格をとるまで、税金やお金の仕組みなど全く無知でした。

しかし、色々知っていく中でこれまで損をしていたことがあったりしたので、そのあたりをブログで書いていき、皆さんの役に少しでも立てばと思っています。

どうぞこれからこのブログをよろしくお願いします。