昭和生まれ。小学生のころ学校で全力で遊んだ懐かしい日々。
ふと思う、”一体今は全力で何かしているのか?”
少年時代の真っすぐな心を思い出し、チャレンジ精神を胸に進んでいく、そんな気持ちを大切にしたい。

【要確認】医療費控除・セルフメディケーション税制の違いと確定申告時の注意点

ツイッターもやっています!

あなたは、医療費控除を気にしたことがありますか?

年間で10万円以上医療費がかかったとき、確定申告をすればお金が戻ってくるということを聞いたことがあると思いますが、それはなぜでしょうか?

単に医療費が10万円を超えたから、確定申告をすればよいというわけではありません。
どのような時に医療費がかえってくるのか、また、その方法について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

医療費控除とは

国税庁のホームページには、医療費控除について、

その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることができます。

と書かれています。

※ 国税庁HPから引用 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

医療費控除の計算式

医療費控除で一定の額が超えた場合とありますが、どのように計算するのでしょうか。

計算方法は、次のとおりです。

控除額=(医療費-保険金等で補てんされる金額)-10万円

※ 通常、10万円を超える部分が対象となり、限度額は200万円です。(200万円を超える場合は、200万円が限度)

医療費控除の対象

医療費控除となる対象は次のとおりです。

  1. 医師又は歯科医師による診療又は治療の対価
  2. 治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価
  3. 病院、診療所、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、指定介護老人福祉施設、指定地域密着型介護老人福祉施設又は助産所へ収容されるための人的役務の提供の対価
  4. あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術の対価(ただし、疲れを癒したり、体調を整えるといった治療に直接関係のないものは含まれません。)
  5. 保健師、看護師、准看護師又は特に依頼した人による療養上の世話の対価
  6. 助産師による分べんの介助の対価
  7. 介護福祉士等による一定の喀痰吸引及び経管栄養の対価
    など
ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は医療費となりません。
しかし、人間ドックその他の健康診断の結果、重大な病気が発見され、かつ、その診断に引き続きその病気の治療を行った時は、健康診断のための費用も医療費控除の対象となります。
スポンサーリンク

セルフメディケーション税制

平成29年1月1日以後に健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行っている方が、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族のために特定一般用医薬品等購入費を支払った場合には、一定の金額の所得控除(医療費控除の特例)を受けることができます。

一定の取り組みとは次のとおりです。

  1. 人間ドック、各種健(検)診等
  2. 予防接種(定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種)
  3. 勤務先で実施する定期健康診断
  4. 特定健康診査(いわゆるメタボ検診)、特定保健指導
  5. 市町村が健康増進事業として実施するがん検診

特定一般用医薬品とは?

医師によって処方される医薬品(医療用医薬品)から、ドラッグストアで購入できるOTC医薬品に転用された医薬品(スイッチOTC医薬品)一部の対象医薬品については、その医薬品のパッケージにセルフメディケーション税制の対象であることを示す識別マークがあるもの
いぬ
いぬ

セルフメディケーション税制の識別マークは僕の下にあるマークだよ!

 =セルフメディケーション税制の識別マーク

セルフメディケーション税制を適用するときの控除計算方法

計算方法は次のとおりです。

適用額=実際に支払った特定一般用医薬品等購入費の合計額-保険金などで補填された金額-1万2千円

※ 最高は8万8000円まで(8万8000円を超える場合は、8万8000円が限度)

セルフメディケーション税制を適用するときの注意点

1の医療費控除とセルフメディケーション税制は併用して適用はできないので注意が必要です!

スポンサーリンク

まとめ

元気に一年間を過ごせば、適用することはあまりないですが、入院をしたり、介護をされている方などは、一度年間の費用を計算し、医療費控除等が適用できるなら、確定申告をして税金を戻すことをお勧めします。

確定申告をしたことない人にとってはとっつきにくいものですが、1回でもすることで思ったより簡単だということが実感できます。

医療費控除が出来る人は、早速やってみてください。