昭和生まれ。小学生のころ学校で全力で遊んだ懐かしい日々。
ふと思う、”一体今は全力で何かしているのか?”
少年時代の真っすぐな心を思い出し、チャレンジ精神を胸に進んでいく、そんな気持ちを大切にしたい。

【解決】ウィルスバスター更新なしで新規購入後、2台目以降に簡単設定方法

私は、ウィルスバスターを使い始めてもう何年にもなります。

ウィルスバスターは立ち上がりが早く、そして、軽い。

パソコンの起動にも邪魔と感じたことはありません。

ここ最近は【ウイルスバスタークラウド】 を3年バージョンで購入していることから、3年に1回しか更新設定をしません。

私は、

・パソコン
・タブレット
・妻が使うスマホ

の3台に1ライセンスで入れています。

先程も書いたように、困るのが更新設定が3年に1回であること。

その理由は、「購入後に2台目以降の設定方法を忘れること!」

あとでお話ししますが、ウィルスバスタークラウドは、更新するより、新規に購入してパソコン等に導入する方が安上がりです。

ですが、3年に1度の作業のため、1台目にライセンスを入れるためシリアル番号を入力し、有効かする手順は簡単なのですが、2台目以降を有効化する方法を都度忘れ、作業の度に困ってしまう状況でした。

今回は、更新に合わせて新規にウィルスバスタークラウドを購入した後に、2台目以降の端末へのウィルスバスタークラウド有効化方法を書いていきます。

忘れやすいパソコンの操作についてパソコンの起動が遅くなった時にディスククリーンアップをすること

についても記事にしています。

◇解決◇パソコン(windows10)のスタートアップが遅いのである方法をして快適に
ブログを作成中に急に文字変換が遅くなったので、パソコンを再起動させたのですが、急に立ち上がりが遅くなったのです。解決方法は、システムファイルのクリーンアップをしたことでした。その経緯を記事にしているので、同じような症状がパソコンに出た方の参考となればと思います。
スポンサーリンク

ウィルスバスターは更新?それとも新規購入?

【ウイルスバスタークラウド】 を使っている人は、多くは3年バージョンを使っていると思います。

ウィルスバスタークラウドを使い始めて契約終了近くになると、「契約を自動更新してください。」というポップが画面に出たり、登録住所に郵便物が来たり、登録メールアドレスに連絡がきたりします。

一方、自動更新することなく、新たにウィルスバスタークラウドを購入し、有効期限が切れた前ウィルスバスタークラウドから新規に購入したウィルスバスタークラウドへ入れ替えることも可能です。

ここで気になるのは、

自動更新するのと新規にウィルスバスタークラウドを購入するのはどちらがお得?

という点に限ると思います。

果たして、自動更新と新規購入、どちらがあなたにとってお得なのでしょうか?

ウィルスバスター3年バージョン契約更新の場合

ウィルスバスターを契約更新または自動更新する場合、かかる費用は

11880円(3年バージョン)+1カ月分延長

となります。

出典:ウィルスバスターHP

ウィルスバスター3年バージョン新規購入の場合

一方、新規購入の場合は、公式ホームページで購入したら、

12780円+2カ月延長

となっており、契約更新の方が安い設定となっています。

アマゾンや楽天市場でウィルスバスターを購入した場合

公式サイトでは、更新する方が安上がりとなっていますが、一方、アマゾンや楽天市場でもダウンロード3年版のウィルスバスターを販売しています。

そこで確認すると、公式サイトより安価で、かつ、更新するときの料金より安いところもあるので、要確認です。

会社員で福利厚生でウィルスバスターを購入できる人

企業等の福利厚生により、

ベネフィットステーションなどの福利厚生サービス

に入っている人は、そのサイトでウィルスバスターをかなりお得に購入することができます。

例えば、ベネフィットでは、ウィルスバスターの定価から20%オフで、さらにベネポというポイントが10%つくこともあり、かなりお得に購入ができます。

スポンサーリンク

引き続きウィルスバスターを使うが、新規購入後に2台目以降にウィルスバスターを有効化する方法

メインの端末に購入したウィルスバスターを導入する方法

内容を入力してください。私の勤め先は、ベネフィットに入っているため、ベネフィットのサイトを経由してウィルスバスターを購入すれば、1万円を切る値段で購入できました。

さて、ここから先が3年に1度訪れる難関です。

1台目のメインの端末に購入したウィルスバスターを導入するのは簡単です。

1.ウィルスバスターのメイン画面の表示をクリックすると、画面右下に「シリアル番号の確認」が出てくるのでクリックします。

2.次の画面で「シリアル番号の変更」がページ上部に出ているので、そこをクリックし、今回購入したシリアル番号を入力します。

3.そして、画面の指示に従い進めば、新規に購入した製品のシリアル番号で契約ができ、新たに3年間ウィルスバスターが使えるようになりました。

2台目以降にウィルスバスターを導入する方法

しかし、ここからが大問題でした。

1台目のメインの端末にウィルスバスターを導入した後、2台目以降の端末にウィルスバスターを導入したい場合は、どうすればよかったのか?

自分の頭の中には、前回2台目以降の端末に導入した方法は全く記憶にありませんでした。

四苦八苦しながら、ようやくたどり着いたのは、

1.2台目以降の端末のウィルスバスターを起動させ、その後、いったんログアウトを選択

2.そして、再度ウィルスバスターを起動させ、1台目の端末で登録しているメールアドレス、パスワードを入力画面に入力

3.無事に更新時期が3年後になっている

という方法でした。

ネットで探しても、新規に購入した後の2台目以降の端末にウィルスバスターを導入する方法は見つけきることが出来なかったし、自分でも前回の記憶がないので、途方にくれましたが、今書いた内容で、あっさりと新たにウィルスバスターを導入することができました。

スポンサーリンク

まとめ

ウィルスバスター3年版を購入すると、新たに製品を導入する作業手順を忘れてしまいます。

今回、私自身が2台目以降の端末に新規に購入したウィルスバスターを導入する方法に困った挙句に、インターネットで探しても、見つけきることができなかったので、自分の備忘録的に記載しています。

ウィルスバスターはクラウドバージョンになって、パソコンの動作も軽く早くなったし、操作もシンプルなので、使いやすいことから10年以上使っていますが、ウィルス感染は皆無です。

しっかりと普段のパソコンを守ってくれている【ウイルスバスタークラウド】 は今後も使っていきたいと思います。