昭和生まれ。小学生のころ学校で全力で遊んだ懐かしい日々。
ふと思う、”一体今は全力で何かしているのか?”
少年時代の真っすぐな心を思い出し、チャレンジ精神を胸に進んでいく、そんな気持ちを大切にしたい。

◇衝撃◇ミラーレスカメラを買う時にキャノンかパナソニックで迷っていた初心者|実際に買ったのはソニーのカメラだった!

ミラーレスカメラが欲しかった私ですが、先日キャノンのM100かパナソニックのLUMIX DC-GF9で迷っているという記事を書きました。

◇迷う◇ミラーレスカメラを買いたい初心者|キャノンかパナソニックの二つに絞り込む

◇迷う◇ミラーレスカメラを買いたい初心者|キャノンかパナソニックの二つに絞り込む
スマホのカメラの性能がよくなったこの時代に新しくカメラを買う必要があるのか?でも、この写真を撮る一瞬って、今しかない!同じような場面は過去にも、未来にも一度もない!と思うと、よりよく撮影ができるカメラで記録することが大事なのかなと思い始め、ミラーレスカメラを買いたい気持ちになりました。

ついに、ミラーレスカメラを買いに行ったのですが、その時まさかの展開が待ち受けていたのです。

店に行くまでは、正直なところパナソニックのカメラを買おうと決めていたのですが、私が最終的に買ったのは、ソニーのカメラだったのです。

今回私が買ったソニー製のカメラはこちら。

なぜ、当初買おうとしたパナソニックではなく、ソニーのカメラを買うことになったのかは、後々お話しします。

スポンサーリンク

私が最初に買いたかったのは、LUMIX DC-GF9だった!

私は、単焦点レンズで手前の物はピントが合うけど、背景はぼけているような写真が撮りたかったので、単焦点レンズがついているLUMIXを買おうと決めていました。

カメラを買うには、ネットで注文するのか、実店舗で買うのかどちらにしようかと迷ったので、ネットで調べてみました。

すると、

・ ネットは送料無料で店舗までの交通費がかからない
一方、値引きはできないし、保証面でも不安、そして、実機に触ることができない。また、配達までに日数が必要なのですぐに使いたい人には不利
・ 実店舗は店舗までの交通費がかかる
一方、店によっては表示価格より値引きはできる、実機を触ることが出来る、店員さんから説明を聞くことができる、在庫があればすぐに持ち帰りができる

とのことでした。

ミラーレスカメラを買うことは人生で初めてだし、実機を触ってみて、持ち具合や機能を実際に確かめてみたいと思ったので、実店舗に行くことにしました。

大きな店舗であれば品数もあるだろうし、ひょっとしたら値引きもいけるのではないかという思いで、調べてみました。

スポンサーリンク

ヤマダ電機で予想外の事態!私がソニーのカメラを買うことになった理由は?

ヤマダ電機へミラーレスカメラを買いに行きました

ヤマダ電機に入ると私は、少し緊張、少しワクワクな気分でエスカレーターを上がっていきました。

デジタルカメラ売り場に着くと、目の前に私が目的としていたパナソニックのLUMIXが展示されていました。

その横には、キャノンM100も展示されている。

私は実際に展示されている実機を手に持ち、操作のやりやすさ、もちやすさ、価格などを確認していました。(価格はともに6万円を切っています。)

私は、日ごろ持ち歩くには小さなカメラがいいと思っていたので、キャノンM100より小さいLUMIX DC-GF9がいいなと思っていました。

それに加えて、単焦点レンズもキットでついてくるところも。

すると、店員さんが近寄ってきて、よければ説明をさせてくださいとのことでしたので、私はカメラ初心者ですし、店員さんから説明をしてもらうことにしました。

私はカメラを買いたい理由などを

・スマホのカメラよりいい画質の写真を撮りたい
・単焦点レンズをつかってぼかしのある写真もとりたい
・持ち運びしやすい大きさのミラーレスカメラを探している
・撮るものは、風景や家族の様子である
・私が買いたいのはLUMIXのDC-GF9だけど、キャノンM100も迷っている

ことを伝えました。

店員さんは親切にLUMIXとキャノンの商品を詳しく説明してくれました。

そして、イメージセンサーの話しになったときです。

「本体が小さいのは持ち運びやすいけど、その分イメージセンサーも小さいのを使っている。そうなると気になるのは画質です。」

という話しになりました。

商品棚に備えつけられている画質の見本を手に取りながら説明を受け、画質をとるならパナソニックより、キャノンの方がいいということが分かりました。

キャノンM100の値段もここ数日の間で1万円ほど下がってきており、ダブルズームキットで6万円を切ってきたとのことでした。

すると店員さんは、

「ソニーのカメラはどうですか?」

と説明を続けてきたのです。

そこから意外な展開へと話しが進んでいったのです。

予想外の展開!ソニーのカメラを買うことになった!

店員さんによると

・ソニーはミラーレスカメラの開発に力をいれるのが早かった
・カメラ本体にはかわいらしさはないけど、性能はいい
・4年前の型が今でも売られて続けているのは、今求められている機能を4年前にとりこんでいたから

などと話してくれました。

そして、私に勧めてくれたのが、ソニーα6000だったのです。

店員さんのおすすめは、

・APS-Cサイズの大型センサーをつかっていて画質がきれい
・背景のぼかしもきかすことができる
・ファインダーがついているので、明るい場所でパネル画面が見づらいときにファインダーが役立つ
・ソニーはレンズのラインナップもそろっている
・ピント合わせが0.06秒と早い
・179点の像面位相差AFセンサーで動きのある被写体にも対応できる
・1秒11コマの高速連写で大切なシーンを逃さないし、高速連写のときもピント合わせが早い
・動画も撮影できて、ブルーレイレコーダーにも転送が可能

などまだほかにもいい点を教えてくれました。

また、実際にこのカメラを利用している人が掲載しているサンプル画像も見せてくれて、薄暗い中でも色が鮮やかに出せているところ、夜空の花火や星、おいしそうな食べ物などどれもきれいなものでした。

私は結局店員さんの説明や実機に触ってみて、ソニーα6000を買いたい気持ちが高くなってきました。

さて、気になるのは値段です。

私の当初の予算は5万円台半ば、ソニーα6000パワーズームレンズキットは税込み約6万5000円の表示。

ここで私は店員さんに相談してみます。

ソニーのカメラがいいことがたくさん分かりました。今日は、まさかソニーのカメラを買うことも予想していなかったので…。今日の予算は5万円台半ばで考えていたのですが。

すると店員さん、

「そうですよね!ソニーのカメラを買うことになるとは思ってもみなかったことで動揺はあると思います。私も最初に予算をきいておけばよかったですね。」

とのこと。

さらに、

「分かりました。どれだけ値引きできるか相談してきます。」

と言い、しばらく待つことになったのです。

少しして、店員さんが帰ってきて、びっくりする内容を伝えてきたのです。

税込みで約5万5000円はどうですか?その代わり、ポイントはつきませんが」

とのことでした。

さらに、

「ソニーは今キャッシュバックキャンペーンをしており、お客様が買う商品だと5000円のキャッシュバックが後日、口座振り込みであります。」

と説明してくれました。

私はこれ以上何もいうことはありません。

ソニーα6000パワーズームレンズキットを買うことにしました。

スポンサーリンク

まとめ

当初パナソニックかキャノンのミラーレスカメラで迷っていたところ、結果、ソニーα6000というミラーレスカメラを買うことになりました。

今回、店員さんの説明は初心者である私にとっても分かりやすかったし、色々と参考となることも多く聞くことができてよかったと思っています。

ネットで買うことになっていれば、有意義な説明も聞くことが出来なかったと思います。

今回人生で初めてミラーレスカメラを買いましたが、これからは操作に慣れていき、いい写真を撮っていければと思います。

買ったα6000については、また別の記事で紹介できればと思っています。

商品が気になる方はこちらから確認してくださいね。