昭和生まれ。小学生のころ学校で全力で遊んだ懐かしい日々。
ふと思う、”一体今は全力で何かしているのか?”
少年時代の真っすぐな心を思い出し、チャレンジ精神を胸に進んでいく、そんな気持ちを大切にしたい。

【美味】ミルで挽くコーヒー豆をドリップするとコーヒーの香りと味が最高!

ツイッターはこちらから!

心地よい日には、香り高いコーヒーを飲みながら、ゆっくりするのはどうでしょう。

私は普段出勤前に飲むコーヒーは、インスタントで済ませてしまいますが、休日の時間があるときは、自分が店で買ってきたコーヒー豆をミルで挽いて、ドリップして飲みます。

今日は、ドリップして飲むコーヒーは格別ということを書いていきます。

スポンサーリンク

コーヒー豆の産地

コーヒー豆の産地は多くあり、

  • ケニア
  • エチオピア
  • ジャマイカ
  • コロンビア
  • ブラジル

などあり、この他にもまだまだたくさんあります。

実は、日本でもコーヒー豆を栽培しているところもあるようです。

コーヒー豆は産地により栽培されている品種がことなっており、

  • アラビカ種:酸味と甘みのバランスがとれている
  • カネフォラシュ:少しの苦みと独特の香り

という風な特徴となっています。

しかし、私を含めコーヒー豆のそれぞれの特徴をよく知らないものが、お店に行ってコーヒー豆を買うことは勇気がいります。

ですが、あなたが知っている

  • スターバックス
  • ドトール
  • タリーズ

などでもコーヒー豆を販売しており、パッケージにコーヒーの味の説明などが書いてありますし、分からなければ、店員さんに聞けばより詳しい説明をしてくれます。

また、あなたの好きな味や香りを店員さんに伝えると、店員さんがあなた好みのコーヒー豆をすすめてくれるので、安心です。

私も、この3つのお店でコーヒー豆をよく買っています。

スポンサーリンク

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆は、鮮度が命ですが、自宅ではそんなに消費量も多くないことから、日ごろからの保存方法でコーヒー豆の鮮度の持ち方が大きく変わってきます。

鮮度を保つ保存方法としては、

  • 高温多湿な場所はさける
  • 酸素に触れる量を少なくする
  • 直射日光に当てない

この3つが大切です。

ですから、密封容器で直射日光が当たらない場所で保管することで、自宅でもコーヒー豆の鮮度を保つことができます。

冷蔵庫や冷凍庫で保存することは、コーヒー豆の鮮度を保つ上で、良い場所ですが、冷蔵庫から外へ出す際に、温度の差によりコーヒー豆に水滴がつくことがあり、それが原因でコーヒー豆が湿ることもあり得ます。

ですから、冷蔵庫で保管するときは、1回分に小分けして保存しておけば、使わないコーヒー豆を冷蔵庫の外へ出して湿らせることを防ぐことができます。

しかし、鮮度は少しづつ落ちていくので、コーヒー豆を購入した後は、コーヒーを楽しむ回数を増やすためにも、なるべく早く消費することをおすすめします。

スポンサーリンク

コーヒー豆の挽き方

自宅でコーヒー豆を挽く一番の醍醐味は、

挽いた直後のコーヒー豆の香りを堪能できる

ことに限ります!

コーヒー豆を挽いた直後のあの香りはいつまでたっても飽きることはありません。

コーヒー豆により、香りも全く異なり、初めて買ったときのコーヒー豆を挽くときは、どんな香りがするのか楽しみで、気持ちが高鳴ります!

自宅でコーヒー豆を挽くためには、ミルという道具が必要です。

ミルには、

  • 手動でコーヒー豆を挽くタイプ
  • 電動でコーヒー豆を挽くタイプ

の2タイプあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

手動のコーヒーミル

手動のコーヒーミルですが、初めてコーヒー豆を挽こうと色々調べている人にとっては、想像しにくいと思いますが、どのようなものか写真を見れば、見たことあると実感できると思います。

手動のコーヒーミルのメリット・デメリットは次のとおりです。

メリットデメリット
  • 豆を挽く大きさを調整することができる
  • 手動なので一定の速度でミルを回さない
    と大きさにむらができる
  • ミルのデザインがおしゃれなものが多く、
    インテリアとしてもGOOD
  • 手動のため、豆を挽く時間がかかる
  • コーヒー豆を挽くときの感覚が直接伝わる
  • 豆を挽くのに意外と力がいる

このような感じのミルまであります!

ちなみに、私が使っているミルですが、こちらとなります。

こちらのミルは、デザイン性はインテリアにできるほどおしゃれではありません(笑)が、

  • スリムで保管に邪魔にならない
  • 挽いた豆が透明のプラスチック部分に溜まるのでどの程度挽いたか一目瞭然
    しかも、必要な杯数のメモリがあるため、コーヒー豆を無駄にしない
  • 中の臼がセラミック製で耐久性抜群
  • 臼を固定しているねじの位置を変えるだけでコーヒー豆の大きさ調整が簡単にできる

という利点が多くあり、購入してよかったと思いました。

一方、

  • スリムがゆえに挽いたコーヒー豆がたまるプラスチック部分を洗う時が少し難しい

ことがありますが、スポンジを入れて箸などでくるくるスポンジを回せば課題は簡単にクリアしました。

電動のコーヒーミル

電動ミルのメリット、デメリットは次のとおりです。

メリットデメリット
  • 時間がかかることなく挽くことができる
  • 挽く時間で豆の大きさを調整するので、
    大きさにばらつきがでる
  • 豆を挽くのに力がいらない
  • 挽くときの音が意外と大きい
  • 一度に多くの豆を挽くことができる
  • 豆を挽いている実感がない

私は、電動ミルを使ったことがありません。

それは、デメリットにもあるように、豆を挽く感覚が手に伝わらないからです。

豆を挽く感覚など関係ない人にとっては、電動でパッと挽いて、コーヒーを楽しむのもよいかと思います。

今回、電動ミルを調べてみましたが、案外お手頃でおしゃれなミルが多いことに気づきました。

スポンサーリンク

コーヒー豆のドリップ方法

コーヒー豆を挽いた後は、ドリップに移ります。

ドリップにも、様々な方法があり、

  • ペーパードリップ
  • サイフォン
  • エアロプレス
  • フレンチプレス

とあります。

私が使っているのは、「フレンチプレス」です。

なぜフレンチプレスにしたのかというと、

コーヒーのオイルが抽出され、それを堪能できる

からです。

フレンチプレスはこのようなものです。

ペーパードリップでは、コーヒーオイルがペーパーに吸着し、十分に堪能できませんが、フレンチプレスなら、ドリップした後のコーヒーの表面にオイルが浮かんでいるのがしっかりと確認できます。

フレンチプレスのデメリットと言えば、後片付けが大変なところでしょうか。

ペーパーフィルターなら、ペーパーをつかむだけで豆の処理ができますが、フレンチプレスは豆をのまま流しに流すと、つまってしまうので、紙などでこして挽いた豆を取り除くことが必要となります。

しかし、コーヒーを楽しむのなら、そのような面倒さも楽しみの一つと考えれば苦痛とはなりません。

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーを楽しむには、やはり豆を選び、自分で挽いてドリップする。

これが一番です。

私も、時間があるときには自分で豆を挽き、香りを楽しみ、味を堪能することをしています。

これも趣味の一つとして言えるのではないでしょうか?

今は、ネットで簡単にコーヒー関連の道具を手に入れることができます。

迷っているあなたもコーヒーの世界で楽しんでみるのはいかがでしょうか?