昭和生まれ。小学生のころ学校で全力で遊んだ懐かしい日々。
ふと思う、”一体今は全力で何かしているのか?”
少年時代の真っすぐな心を思い出し、チャレンジ精神を胸に進んでいく、そんな気持ちを大切にしたい。

【残念】日経ビジネスアソシエが休刊へ!これまで愛読した期間は10年間!

昨日(平成30年7月20日)に仕事から帰り、自宅のポストを確認したところ、1通の封筒が入っていました。

白い封筒には、

「日経ビジネス アソシエ」に関する重要なお知らせです。

との文言。

私は、3年間の継続購読をしていますが、まだ更新期間ではなかったので、

「一体何のお知らせだろう」

と思いながら、玄関に向かったのです。

そう、それが「日経ビジネス アソシエ」の休刊のお知らせだったのです。

これまで更新のときしかアソシエから郵便物が届かなかったので、今回は開封するまで全く内容が予想つきませんでした。

スポンサーリンク

日経ビジネス アソシエに出会うまで

私が「日経ビジネス アソシエ」に出会ったのは、今から10年前になります。

そのころから、私の仕事内容が部外の人と交渉や様々なお願いをするようなものになりつつある時期でした。

同時に、私はこれまで自分の勤務先の世界しか知らず、果たして世の中の他の会社はどのような考えなのか、他の会社で働いている人はどのような人がいたりするのだろうかと思っていました。

そんなのとき出会ったのが、「日経ビジネス アソシエ」だったのです。

この雑誌は、

  • 若手・中堅ビジネスマンに向けた雑誌
  • 会社の姿勢を紹介したり、会社を成長させるためにどのような制度を取り入れているのか
  • 若手・中堅・幹部などの意見や経験談の紹介
  • 働くうえでの知識やスキルの紹介

など、当時の私が欲していた内容が書かれていたのです。

また、毎月の特集記事は自己啓発的な内容が豊富であり、実際に私自身の生活でも取り入れれば役に立つと思うようなものが非常に多かったのが記憶に残っています。

その時購入してからは、今日まで欠かさず購入、愛読するようになったのです。

記事も分かりやすく、特集も私の興味がある分野が多かったので、毎月楽しみにしていました。

スポンサーリンク

日経ビジネス アソシエで好きだった特集

日経ビジネスアソシエは、先程も書いたように、

  • 自己啓発的な記事が多い
  • 実生活にすぐに取り入れることができる情報

などが豊富で、私自身も日経ビジネスアソシエで取り入れた情報やスキルを実生活に役立てまくっていました。

特に私が好きだったのは、

  • 手帳の活用
  • 整理術

で、他にも

  • 時間の活用
  • 各社の社長へのインタビュー

などが好きでした。

記事に出てくる人の考え方や、会社の方針が分かるので、自分がいる勤務先とは違う世界を感じることができたところが気に入っていました。

手帳の活用

当時の私は、手帳というものを全く使いこなしておらず、新年に手帳を新しくすれば、3月ころにはまっさらになるような状態を何年も続けていました。

しかし、日経ビジネスアソシエで手帳に関する特集が毎年組まれており、そこで紹介される記事を参考に年々手帳を使いこなせるようになったのです。

記事の内容は、手帳の紹介、色々な会社員の手帳の使い方、著名人の手帳の使い方など、普段の生活では他人の手帳を見ることはできないところ、この記事で他人の手帳の使い方を画像で見ることが出来てとても参考になりました。

他人の手帳を記事でみて、肩ひじ張らずに自分の思うように書けばいい、自分の道標となるような使い方をすることで手帳も日々使うようになることが学べました。

また、手帳の紹介とともに、手帳で使いやすい文具の紹介などがあり、記事で紹介されていた文具で気に入ったものがあれば、実際に購入したりしました。

整理術

私は元々物を整理することに興味があり、独自の方法で勤務先の机回りを整理したりしていましたが、今一つしっくりとくるものがありませんでした。

そんなのとき日経ビジネスアソシエで整理術の特集がされており、100均で買える便利な整理グッズや書類の保管方法など紹介されていました。

この特集も過去は年に1回はあり、毎回熱心に読んでは気に入った整理方法があれば、実践してみたりしました。

今でも、この特集で紹介された整理方法をいくつか実践しています。

文章だけでなく画像でも整理術を紹介してくれていたので、まねをしやすく実生活にも取り入れやすかったです。

スポンサーリンク

日経ビジネスアソシエの休刊の知らせが届いた

その他にも興味のあった記事はたくさんありましたが、ここで紹介していると時間が足りないので割愛します。

このように私は日経ビジネスアソシエを愛読しはじめ8年間、現在に至ったわけです。

そして、ついに自宅についたお知らせを開けることとなるのです。

封筒を開けると休刊のお知らせが。

衝撃でした。

2018年9月号(8月10日販売)をもって休刊と記載されています。

これまでいろいろとお世話になった記事が走馬灯の様にめぐっていきました。

しかし、休刊となるのは時代の流れかもしれません。

ちなみに私は3年間の定期購読を契約していましたが、残金は返金されるとのこと。

内容は、

契約冊数・購読料金 3年(36冊) 16,500円
2018年9月号までのお届け冊数  23冊
単価458円×23冊=5,966円←これが返金される金額
でした。
私がなぜ3年間の定期購読をしていたのかというと、
  • 買い忘れがない
  • 自宅に届けてもらえる
  • 何より購入単価が安くなる

という点でした。

特に安く買えるという点について詳しく言うと、

現在、日経ビジネスアソシエの販売価格は780円(税込み)ですが、3年間の定期購読をすると、458円とかなりお得

に買わせてもらっていました。

3年間の定期購読で手ごろな値段で購入できていたことに加え、これまで様々な記事で人生を豊かにしてもらった日経ビジネスアソシエに感謝です。

 

スポンサーリンク

まとめ

平成30年8月10日に販売される9月号で日経ビジネスアソシエが休刊になります。

これまで毎月楽しみにしていた雑誌が休刊になるのは残念です。

しかし、いつまでも落ち込んでいるわけにはいきません。

次に私の興味をくすぐるようなビジネス誌に出会えるよう本屋に通う日々が続きそうです。

今回の記事は私の思い出話になってしまいましたが、最後までお付き合いしていただいたあなたに
とても感謝します。

他の記事は生活に役立つ知識など、あなたの生活に損はさせない記事が多いのでぜひとも、他の気になる記事も読んでくださいね。

【追記】日経ビジネスアソシエの後に読むことにした雑誌について記事にしました!
ぜひ参考としてください。

【検討】日経ビジネスアソシエ休刊の後に選んだPHPビジネスTHE21を買ってみた
先月の記事で日経ビジネスアソシエが2018年9月号(2018年8月10日販売)で休刊になる記事を書きました。日経ビジネスアソシエが休刊したら、次にどの雑誌を読めばいいのか、ビジネススキルに関する雑誌は他にあるのか本屋に通って探してみました。