「ビックカメラSuica」解約とSuica残額の戻し方を紹介

スポンサーリンク

これまで関東地方で単身赴任をしていたことから、Suicaを使うため、ビックカメラSuicaを愛用していました。

 

しかし、単身赴任も終わり西日本地方へ戻ることになったのですが、ビックカメラSuicaではオートチャージが使えません。

 

また、ポイントをSuicaにチャージしようとしてもJR東日本の券売機でなければできないことから、使い勝手が悪くなりました。

 

そこで今回、ビックカメラSuicaを解約することにしましたが、気になるSuicaの残額を払い戻す方法も分かったのでこれから紹介します。

 

スポンサーリンク

クレジットカード「ビックカメラSuica」を解約するためにビューカードセンターへ電話する

電話をする前に必要なもの

調べるとビックカメラSuicaを解約するためにはクレジットカードを返却する必要があることが分かりました。

 

返却する手続きは電話にしました。この電話で登録住所へカードを返却するための台紙と封筒が送られてきます。

 

ちなみに今回は自動音声での対応で手続きをしました。

 

手続きをする前に

 

・ 16ケタのカード番号
・ 暗証番号

 

が必要なので準備しておいてください。

 

自動音声での手続き方法

1 ビューカードセンター「03ー6685ー7000」へ電話する

2 自動音声が流れてきますが、音声途中でもダイヤルボタンを押せばいいです。解約は「2」です。

3 自動音声での対応をしてもらうので、次は「4」を推します

4  16ケタのカード番号を押して最後にシャープボタンを押す

5 次に暗証番号を押してシャープを押す

 

これで手続きは終了です。2〜3分程度で終わります。

 

あとは登録住所へ台紙と返信用封筒が送られてくるのを待ちます。

 

スポンサーリンク

 ビックカメラSuicaを返送するための台紙などが届いたら何をするのか?

手続きをして2日ほどで台紙と返信用封筒が届きます。

 

返送までの手続きです。

 

1 ビックカメラSuicaのICチップ部分をハサミで切る

2 はさみを入れたカードを台紙に貼る

3 台紙を返信用封筒に入れてポストへ

 

たったこれだけです。

 

スポンサーリンク

ビックカメラSuicaに残っているSuicaの残額の払い戻し方法は?

私もSuicaの残額をどのように払い戻せるのか気になりました。

 

今回解約するにあたり調べると、

 

ビックカメラSuicaを先程話したように返送すると、後日登録口座へSuica残額が返金される

 

と分かりました。

 

返金まで日数は必要ですが、難しいことをしなくても返金されるので気分が楽ですね。

 

スポンサーリンク

さいごに

今回はビックカメラSuicaの解約方法について紹介しました。

 

電話をして返信用封筒などを手に入れて、カードを返却するだけ。

 

これで残額のSuicaも登録口座に返ってくるので楽ですよね。

 

なお、Suicaを解約する前には、残っているJREポイントを使い切ることが大切です。

 

私は関東地方を離れる前にJREポイントをSuicaにチャージしました。

 

そのあたりのことも後日紹介できればと思っています。

コメント