昭和生まれ。小学生のころ学校で全力で遊んだ懐かしい日々。
ふと思う、”一体今は全力で何かしているのか?”
少年時代の真っすぐな心を思い出し、チャレンジ精神を胸に進んでいく、そんな気持ちを大切にしたい。

◇初心者おすすめ◇使いやすいソニーα6000|ミラーレスのカメラの感想と撮影画像を紹介

先日から買いたいミラーレスカメラのことや、思っていたミラーレスカメラとは違うものを買ったという記事を書きました。

◇迷う◇ミラーレスカメラを買いたい初心者|キャノンかパナソニックの二つに絞り込む
スマホのカメラの性能がよくなったこの時代に新しくカメラを買う必要があるのか?でも、この写真を撮る一瞬って、今しかない!同じような場面は過去にも、未来にも一度もない!と思うと、よりよく撮影ができるカメラで記録することが大事なのかなと思い始め、ミラーレスカメラを買いたい気持ちになりました。
◇衝撃◇ミラーレスカメラを買う時にキャノンかパナソニックで迷っていた初心者|実際に買ったのはソニーのカメラだった!
ミラーレスカメラを買いに行ったのですが、その時まさかの展開が待ち受けていました。店に行くまでは、正直なところパナソニックのカメラを買おうと決めていたのですが、私が最終的に買ったのは、ソニーのカメラだったのです。なぜそうなったのか今回の記事に書いています。

今回は私が買ったミラーレスカメラ、ソニーα6000の特長を書いたり、実際に撮った画像を載せていきたいと思います。

スポンサーリンク

ソニーα6000の特長

今回買ったソニーα6000はこちら!

商品名ソニーα6000
本体画像
記録媒体メモリースティック PRO デュオ
メモリースティック PRO-HG デュオ
メモリースティック XC-HG デュオ
SDメモリーカード
SDHCメモリーカード(UHS-I 対応)
SDXCメモリーカード(UHS-I 対応)
レンズマウントソニーEマウントレンズ
型式フラッシュ内蔵レンズ交換式デジタルカメラ
カメラ有効画素約2430万画素(総画素数:約2470万画素)
測距点179点(位相差検出方式)/25点(コントラスト検出方式)
ISO感度静止画撮影時:ISO100-25600 AUTO (ISO100-25600、上限/下限設定可能)
動画撮影時:ISO100-12800相当、AUTO(ISO100-12800相当、上限/下限設定可能)
液晶モニターワイド3.0型
動画撮影
Wi-Fi×
出典出典:ソニーHP

4年前に発売されたカメラですが、今発売されるミラーレスカメラの新商品と負けず劣らずの性能だと思います。

スポンサーリンク

カメラ初心者がソニーα6000を買って分かった使いやすかったところ

私がミラーレスカメラを買いに行ったときの店員さんの話しの中で、

・ 軽くて持ちやすい
・ 日中の明るいときに液晶が見えづらくてもファインダーを使うことができる
・ 画質がキレイ
・ 背景のぼかしも可能
・ 1秒11コマの高速連写

などの良い点を聞き、私はソニーα6000を買おうと決めました。

カメラを買った翌日に充電を完了させて、早速撮影に出かけました。

初めてミラーレスカメラを使ったカメラ初心者の感想は次のとおりです。

・ 男の大きな手でもしっかりとグリップしやすく持ちやすい
・ レンズをつけた本体でも軽いので持ち歩いていても手が疲れない
・ ピントがすぐに合い、シャッターチャンスを逃さない
・ 日中明るい時に液晶モニターが見えづらくてもファインダーを使えば何ら問題ない!
これが結構大事!
・ 操作もシンプル、ボタンも少なく初心者でも操作しやすい
・ 本体がコンパクトなのでかばんにいれても邪魔にならない
・ スマホで撮る画像と比べα6000で撮影した画像が断然キレイ

というところが大きなところです。

本体裏の操作ボタンの状況もご覧のとおりです。

ソニーα6000の背面

本体背面についている液晶モニターは動かすことができ、無理な体勢で撮影をすることが少なくなります。

ソニーα6000のモニターが動く様子

出典:ソニーHP

スポンサーリンク

ミラーレスカメラ初心者がソニーα6000で撮影した画像

言葉で色々言うより、実際にミラーレスカメラ初心者の私がソニーα6000を使って撮影した画像を確認してもらいたいと思います。

小さな花の写真

重たくなるので画質を下げてしまいましたが、このように手前の花にピントを合わせつつ、背景をぼかして撮影することもできます。

これが撮影初めてすぐの初心者が撮ることができます。

今までこのような撮影方法にあこがれていたので、すぐにあこがれの撮影ができたので感動しました。

紫色の花が2輪咲いている様子

花の紫色、葉や茎の緑もあざやかにくっきりと撮影ができます。

かも4匹が仲良く泳いでいる様子

水面から離れた場所で撮影しましたが、鳥の姿や水の流れもきれいに撮れます。

道路を走る車両を撮影

これは2日目の撮影ですが、シャッタースピードを2秒にして車の流れがどのようになるか撮影してみました。
夜ならライトがきれいに流れるのでしょうけど、昼間は車体の流れとなっています。

噴水の水の流れを撮影

これは噴水の様子で、シャッタースピードを1/1600くらいにしたときのものです。
水の流れが止まったように見えます。

森の中の様子を撮影

地面の焦げ茶色や木々の緑もあざやかな感じだけど、このまま進んでいくとどこか迷い込みそうな不思議な色合い、感じがありませんか?

スポンサーリンク

まとめ

今回私が買ったソニーα6000の特長や使いやすさを書いたうえで、初心者の私が初日、2日目と撮影した画像を載せてみました。

このカメラを買う前までは、別のカメラを買うと決めていましたが、お店で店員さんからの説明を聞いて、このソニーα6000を買って大正解でした。

とても使いやすいし、持ち運ぶのも苦にならない軽さ、何よりきれいな画像を撮ることが出来るのでとても満足した買い物だったと思います。

これから出かける時はソニーα6000を持って、自分が気に入る風景などがあれば、どんどん撮ってこのブログでも紹介できればと思っています。

ミラーレスカメラを検討しているあなた、ソニーα6000を検討してみてはいかがでしょうか?