早起きしたら調べ物ではなくアウトプットをして脳のメリットを最大限に活かそう

この記事は約6分で読めます。

早起きして自分の時間を使って勉強などしているあなたは素晴らしいです。

私も朝4時台に起き始めて3年を過ぎました。

これまで早朝の時間を過ごすことを経験して分かったことは、

  • 「午後に比べると朝の脳の回転は数倍」
  • 「調べ物をするよりもアウトプットをする方が効率が良い」

ということです。

今回は早起きするならアウトプットをおすすめすることを紹介します。

早朝はアウトプット中心の活動にする

朝早い時間、静かで心地がいいですよね。

朝早い時間は何がいいかというと電話やメールが来ないこと、誰からも頼みごとをされないことです。

だからこそ自分がやりたいことに集中できますが、逆にやらなくてもいいことでも集中してしまう失敗もやりがちです。

さらに朝の貴重な時間は調べ物よりアウトプットする方が脳を効率的に使えます。

あなたにもこんな経験はありませんか?

  • 夜に文章を書こうとしてもいい言葉が浮かんでこない
  • 午前中に書類や文章を書こうとしたらスラスラ書ける

これは脳の働きに直結した行動が表に現れているのです。

この「頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き」でも書いている通り朝の脳の働きは夜の数倍にも匹敵するのです。

だからこそ、この貴重な脳の時間を調べ物をするよりアウトプット(文章を書いたり、問題集を解いたり)するのが非常に効果があるのです。

ただ、人間は弱い生き物。

事前に予定を組んでおかないとついつい自分がやりたいことをしてしまう。

これを防ぐためには、「目標を決め具体的なゴールの姿を思い浮かべる」ことがポイントです。

目標を決める

あなたは何がしたいから早起きして行動を起こしているんですか?

資格をとりたい、英語を極めたい、教養を深めたいなど人それぞれにやりたいことがあります。

ここで気をつけたいことがあります。

それは目標を定めることはいいけど、その目標を達成したあとの具体的な自分の姿(ゴールした後の姿)まで決めることです

それはなぜでしょうか?

実はただ単に○○になりたい、○○をできるようになりたいだけではやる気を保つのに力が弱いからです。

物事を習慣づけるにはやる気を持ち続けることがポイントです。

そのためには具体的な未来の姿を思い浮かべることでやる気の続き方が全く違います。

私の場合なら、CFPの取得を目指していますが、どのような具体性のある想いを持っているか?

CFPを取得して他のCFPの人と連携を取りながらお金のことに困っている、お金に関係する制度をよく知らない人に具体的アドバイスをして、困っている人が助かり喜んでいるところをまで思い浮かべてやる気を持ち続けています。

これがただ単にCFPを取得するだけだと早い段階でやる気の継続が続がないでしょう。

あなた自身がその目標を達成して具体的にどんな姿になっているのかを思い浮かべることが大事なポイントなのです。

ここまでできたらあとはあなたが立てた計画にしたがって前に進むだけです。

ただ、朝起きたときに何をしようかと悩むようでは短い貴重なあなたの時間を浪費してしまいます。

前日夜に次の日の朝にやることをきめておく

貴重な朝の時間、浪費しないためにはどうするか?

前の日の夜寝る前に、次の日の朝にやることを決めておくことです。

朝の1分は夜の1分と比べものにならないくらいあっという間に過ぎてしまいます。

だからこそ朝起きて何をしようかと迷っていると貴重な時間を浪費してしまう。

そうならないためにも事前にやることを決めて、朝起きたらすぐに取り掛かれるようにしましょう。

そうすることで朝の貴重な1分も無駄にすることがなくなります。

目標や予定の立て方など世の中に様々な本が出ていますが、私が今参考にしているのは、「バレットジャーナル 人生を変えるノート術」です。

「バレットジャーナル 人生を変えるノート術」は予定の立て方などから目標設定までわかりやすくまとめられているので一度ではなく何度も読んであなた自身の脳にアイデアを刻み込んでもらいたいです。

私もKindleで何度も読み返して、さらに読書メモを作って自分の物にしていっています。

おわりに

今回は

  1. アウトプット中心の活動
  2. 目標を決めるのは目標を達成してからあなたの具体的な姿までを思い浮かべること
  3. 前日の夜に朝やることを決めておく

ことを紹介しました。

朝の時間は貴重な一方、あっと言う間にすぎてしまうゴールデンタイムです。

いかに効率よく無駄のない時間を過ごして一緒に成功が導かれるよう行動していきましょう!

コメント